前へ
次へ

白色ウェディングドレスは純真無垢の象徴

誰もがウェディングドレスをイメージするとき、思い描くのは白色です。
なぜ赤やオレンジなど原色に近いような派手な色ではないかですが、白色には花嫁にふさわしい意味があります。
純真や無垢に純潔など、純真無垢な花嫁にピッタリの意味が込められているのが白色です。
日本人にとっても白がウェディングドレスの色のイメージで定着をしていますが、実はすでに1800年代には海外で定着していました。
イギリスの女王様が1840年に挙式をする際に、白いベールと白いドレスを着たのが白色イメージ定着の始まりです。
でも純白の美しい衣装を結婚式で着用するは自前委は、もっと昔からでした。
童話や歴史の本などでしか読み聞きしたことのないような、ギリシャ時代ですからはるか遠い昔話の用です。
現代では色は白でも、ドレスのデザインは多くの種類がありますし、ミニスカートデザインもあるくらいです。
エジプトやギリシャ時代など、昔のドレスは今のように肌の露出は多くなく、腕の肌も露出をすることはありませんでした。

Page Top